デンシンバシラ

グータラな管理人がその日その時興味があるものを雑然と描いている二次創作ラクガキブログ。
 
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、お前の罪を数えろ 

ふたりでひとり

●シルエット

…いやー。燃えて笑って泣いた1年ももうすぐ終わりかと思うとなんとも感慨深いですよ。
この夏の暑さで自分のライフはほぼ0まで削られてますが、Wのイラストは描かずにはいられません。
てことでまずは、シルエットの翔太郎とフィリップを。再現できてるかなー。



永遠の記憶

●大道さん

描くと予告しつつも未だに描いていなかったので何とか仕上げたんですが、
松岡さんファンに土下座でもせんといかんレベルの似て無さだ…。



悪っぽいなー

●ジョーカードーパント

映画には登場しませんでしたが、もしもT2ジョーカーメモリを直挿ししたらこんな
ドーパントになるんじゃないかという妄想ラクガキ。サイクロンドーパントと対になるデザインに
「電波塔の道化師(24話登場)」の要素をちょこちょこと入れてみました。…エンペラ星人じゃないのヨ?
Wは見てると色々と想像が膨らむんですよね。こういったものを考えてるのは最高に楽しい時間です。



まだまだ描いていないものが多いので、Wの放送が終わってもしばらくW絵が続くと思いますが
どうぞお付き合いください。…ホント1年間面白かったなー。



スポンサーサイト

NEVER 

死の光
「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」より特殊傭兵部隊NEVERメンバー。
普段の倍くらい描くのに時間かかりました。キャラ多かったからなぁ。せっかくなので大きいサイズもどぞ。


半月以上も音沙汰無しでごめんなさいね。まぁこのブログにおいてはよくあることなんですが。
いやもう毎日暑くて暑くて。何にもやる気しないの。PCに向かう事すら憚られるくらい。

それでもWの映画だけは外せない…と、気力を振り絞って見に行ってきたんですけどね。
面白いという言葉以外の感想が出ないほどの面白さでした。いやほんとスゴイ。

「Wの映画」としても「仮面ライダーの映画」としても「ヒーロー映画」としても良く出来ていて。
アクションも格好良かったし、W1年間の集大成ともいえる感動的なストーリーに燃える展開と、
「エンターテイメントとはこうあるべき」だと思わせてくれるような極上の映画でした。

…で、それだけ言いつつ何故描いた絵が映画の感想じゃなくこんな感じになったかというと。
そりゃもうNEVERの皆さんのキャラが超ツボに入ったからですよ。
1人1人、キャラは立ちまくってるし格好良い見せ場はあるし、この敵組織でもう1年間やってほしい
くらいの魅力がありました。

特に京水さん(ルナドーパント)ね!おそらく映画を見た人全てに強烈なインパクトを与えた御方。
あのキャラを作ったキャストとスタッフさんに全力で拍手したい。オーズすら食うほどに光ってましたよ。

さ、W本編もまさにクライマックス。全てにおいて完成度が高く心の底から楽しめた作品でした。
ライダー絵が続いちゃいましたが、まだW熱も引きそうにないのでしばらく続くかも知れません。



カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ概要
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。